次世代エネルギーニュース

次世代エネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年12月 」 一覧

福島・上鳥渡に「メガソーラー」 1月着工、社会づくり貢献へ

  2015/12/27

不動産管理などを手掛けるエスケーコーポレーション(福島市、渡辺信幸社長)は、福島市上鳥渡に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。来年1月の着工、同10月ごろの売電開始を目指す。  約4.2ヘクタールの敷地に発電設備を整備する。出力は2400キロワットで、年間発電量は一般家庭約800世帯分に当たる。発電した電力は東北電力に売電する。  同社が再生可能エネルギー事業に乗り出すのは初めて。市全体 …

シャープ製のパネル、北海道苫小牧市に18万枚設置

  2015/12/25

シャープ株式会社とオリックス株式会社が共同出資する合同会社苫小牧ソーラーエナジーは、2016年1月1日より北海道苫小牧市で「シャープ苫東の森太陽光発電所」の運転を開始することを発表しました。 設置容量は45.6MWとなり、一般的な家庭の年間消費電力量に置き換えると約14,100世帯分に相当します。 (ニュースリリース) オリックス株式会社 シャープ株式会社 http://www.sharp.co. …

28年度予算 省エネ技術支援に力点

  2015/12/24

地球温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」で日本が掲げた温室効果ガスの削減目標「2030年度に13年度比26%削減」を達成するため、前提となる将来の電源構成比率(エネルギーミックス)の実現に向けた省エネルギーの強化や、再生可能エネルギーの普及などに力を入れる。  特に省エネ分野は「石油危機後並みのエネルギー効率の改善」を掲げ、予算を積み増した。太陽光発電や省エネ家電などをネットワークで制御し、建 …

ソーラーフロンティア、米サイプレス・クリーク・リニューアブルズ社と 20 MWのモジュール供給で合意

  2015/12/24

 ソーラーフロンティア株式会社は、米サイプレス・クリーク・リニューアブルズ社が開発・出資しているプロジェクト群へのCIS薄膜太陽電池モジュール供給を決定しましたことを発表しました。同社は、米国で太陽光発電によるクリーンエネルギーを地域に供給する成長著しい企業です。 対象は、アメリカインディアナ州テレホート周辺に建設される3つのプロジェクトで、規模は合計20MW以上になるものです。 ソーラーフロンテ …

経済産業省、2012年度設備認定の「分割案件」も1月に報告徴収、改めて周知

  2015/12/22

経済産業省資源エネルギー庁は、平成24年度および平成25年度に設備認定を受けた運転開始前の再生可能エネルギー発電設備に対して、2016年1月に「報告徴収」を実施することを発表しました。 今回対象となる「分割案件」は、「一つの場所において複数の太陽光発電設備ば設置されている場合であって、主に合計発電出力が400kW以上であるもの」となります。 報告徴収の結果、「場所」や「設備の仕様」の決定が確認でき …

京セラ、東京電力が推進する 「次世代双方向通信出力制御緊急実証事業」に協力

  2015/12/19

京セラ株式会社は、東京電力株式会社が国の補助事業の採択を受け、太陽光発電設備の発電出力の把握と、きめ細やかな出力制御システムを構築するために行う「次世代双方向通信出力制御緊急実証事業」に協力しているとの事です。 この実証事業は、同社の他、複数の大学や企業が協力し本年6月より進められてきましたが、12月16日より、早稲田大学新宿実証センターに設置された出力制御指令の発信を行うサーバーと、東京電力エリ …

自然電力、熊本県球磨郡錦町でメガソーラー発電所完工 竣工式を実施

  2015/12/18

自然電力株式会社は、日本アジア投資株式会社との協業により建設を実施した、熊本県球磨(くま)郡錦町で運営する球磨錦味岡自然電力太陽光発電所の竣工式を、12月11日に執り行ったことを発表しました。同発電所は、2015年11月24日に完工し、2015年11月30日より商業運転を開始されています。 この件は、熊本県球磨郡錦町に位置する民有地約36,000㎡を利用して、出力約2.3メガワットのメガソーラーを …

情報機器やEVを無料充電 ステーション設置

  2015/12/17

東北大と宮城県大崎市は、太陽光発電を利用して情報機器などを無料で充電できる多目的給電ステーションを、大崎市田尻の加護坊温泉さくらの湯駐車場に設置した。「東北復興次世代エネルギー研究開発プロジェクト」の一環で、電気の供給が止まった災害時も活用できる。 【石巻で実証実験】被災地の足、EVでシェア

東京電力、「次世代双方向通信出力制御緊急実証事業」における実証試験を開始

  2015/12/17

東京電力株式会社は、経済産業省の補助事業「次世代双方向通信出力制御緊急実証事業」の採択を受け、多数の太陽光発電設備の発電出力の把握ときめ細やかな出力制御を行うシステムの構築を目的とする実証事業を、18の大学・企業等と協力して進めておりますが、2015年12月16日、出力制御実証試験を開始したことを発表しました。 具体的には、早稲田大学EMS新宿実証センターに設置した出力制御指令発信サーバーと、同社 …

環境展示会で次世代エネルギー技術を展示=パナソニック〔BW〕

  2015/12/17

【ビジネスワイヤ】総合エレクトロニクス大手のパナソニック <6752> は、今月開催された国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2015」で次世代エネルギー・ソリューションを展示したと発表した。「A Better Life, A Better World」をテーマに、顧客の「より良いくらし」の実現に貢献する環境配慮商品や環境技術を紹介した。環境対応車用リチウムイオン電池、エネルギー収支 …