次世代エネルギーニュース

次世代エネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2016年02月 」 一覧

東北電力が福島県の大容量蓄電池システムを運転スタート

  2016/02/29

東北電力は、福島県南相馬市小高区の南相馬変電所に設置した大容量蓄電池システム(Liイオン蓄電池、容量40MWh、出力40MW)の営業運転を開始したと発表しました。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会の公募した「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」の採択を受け、2015年5月から設置工事を進めていました。 設置した大容量蓄電池を電力系統に接続し、(1)東北電力の中央給電指令所から充放電を指 …

サンテック、遠隔監視システム販売を開始

  2016/02/29

サンテックパワージャパンは、太陽光発電モジュールの販売だけでなく、太陽光発電所の運営および保守管理サービス(O&Mサービス)など周辺ソリューションを強化していくことで、日本市場での存在感を増していくという新たな戦略を明らかにしました。 同社が掲げる戦略は「太陽光+α」です。同社取締役社長であるガオ ジャン氏は、「ゼロエネルギー、自給自足といったこれからのライフスタイルに柔軟に対応していくこ …

蓄電池へのバッテリー管理の「スマート通電」を「HVAC&R」に出展

  2016/02/26

サンタックス株式会社は、2016年2月23日~26日開催の東京ビッグサイト展示会「ヒーバックアンドアールジャパン2016」において、330kgまでの荷物を階段の上げ下ろしができる電動階段運搬車「電ネコ」とサンタックス開発 蓄電池等の充電管理をする「スマート通電」の試作品を出展すると発表しました。 ブースでは、デモ用の階段を用意しており、「電ネコ」のデモンストレーションや説明員の説明を受けながらの体 …

次世代硫化物ガラス電解質の構造解明に成功

  2016/02/26

NEDOのプロジェクトにおいて、京都大学などの研究グループは、酸化物ガラスよりもリチウムイオン伝導率の高い硫化物ガラスの構造とイオン伝導の相関性について原子・電子レベルでの解明に成功しました。 今回の研究成果は、英国Nature Publishing Groupのオンライン科学雑誌「Scientific Reports」に2月19日付けで掲載されました。 概要 プラグインハイブリッド自動車(PHE …

東海大学柔道部寮太陽光発電所が開所

  2016/02/26

神奈川県は、株式会社東芝及び芙蓉総合リース株式会社による電力の地産地消推進事業の一環として、東海大学柔道部寮の屋根貸しによる太陽光発電所を開所したと発表しました。 この発電所は、今年4月からの電力小売全面自由化に合わせて、(株)東芝が屋根を貸すと電気代が安くなる「全国初」のモデル事業として運営するものです。 開所式には、黒岩知事や(株)東芝及び芙蓉総合リース(株)の役員、東海大学の山田学長やロサン …

システム・ジェイディー、太陽光パネルの新たな携帯型故障検出装置を開発

  2016/02/25

NEDOプロジェクトの成果を活用して、株式会社システム・ジェイディーは、太陽光パネルの新たな携帯型故障検出装置「SOKODES GF(ソコデス GF)」を開発したと発表しました。 今回開発した装置は、太陽光パネルが機能不全となる主な要因である断線による障害の有無やその位置の推定など従来製品の機能に加えて、絶縁不良の有無やその位置を推定する機能が加わり、さらに欧州などの販売展開に必要なCEマーキング …

水素ステーション続々、燃料電池車買いますか?

  2016/02/24

燃料電池自動車向けの水素ガスを巡る動きが加速してきた。2016年早々から商用水素ステーションの完成が相次ぐなど次世代エネルギーの萌芽が見える。  大阪ガスは、京都市に「上鳥羽水素ステーション」が完成して3月30日に開所すると発表した。ステーションの本体は、水素を供給する設備を搭載したトレーラー。専用スペースに固定され、やって来た燃料電池自動車に水素を販売する。トレーラーに充填される水素は、都市ガス …

三井物産、米サンバージに10%強出資 次世代電力事業を強化

  2016/02/24

三井物産は24日、蓄電システムを使い分散型電源を一括して制御する次世代エネルギーベンチャーの米サンバージ・エナジー(カリフォリニア州)に10%強を出資したと発表した。出資額は10億円強とみられる。  風力など不安定電源である再生可能エネルギーの大量導入には、系統に悪影響を及ぼさないための蓄電システムや需要変動を制御する安定化システムが欠かせず開発競争になっている。  サンバージは再生可能エネルギー …

北九州市立大が地熱発電のプロジェクトに着手

  2016/02/24

北九州市立大学国際環境工学部エネルギー循環科学科 吉塚和治教授は、企業と共同で国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「地熱発電技術 研究開発」に応募し、採択されたと発表しました。 今回採択されたプロジェクトは地熱発電時に出る還元熱水から地熱発電プラントの抱える大きな問題の一つであるスケールの主要因となるシリカを回収し、さらにシリカ回収後の熱水からレアメタル資源であ …

安川電機が小型風力用パワーコンディショナー

  2016/02/24

株式会社安川電機は、小形風力発電システムに適用が可能なパワーコンディショナ「Enewell-WIN」シリーズを新たにラインアップすると発表しました。 これまで風力発電は採算性が厳しいことから普及が遅れていましたが、太陽光発電への過度な集中を避け、他の代替エネルギーの普及に力を入れる政府の後押しを背景に、特に小形風力発電の普及に期待が高まっています。同社は早くからさまざまな電力会社との系統連系を通じ …