次世代エネルギーニュース

次世代エネルギーに関するニュースサイト

「 実証 」 一覧

トヨタ、水素で動く燃料電池バスを東京都交通局へ納車。燃料電池の都バスが走る

  2017/02/25

トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車したFCバスは、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定である。  トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定している。今後、市街地を走行するFCバスが増えるにつれて、公共交通手段としてのFCバス …

トヨタ、東京都に「トヨタFCバス」納車。3月から都営バスとして運行予定

  2017/02/24

トヨタ自動車は2月24日、災害時の電力供給能力を備えるFC(燃料電池)バス「トヨタFCバス」を東京都交通局に納車したと発表した。このトヨタFCバスは、3月に納車予定の2台目の車両と合わせ、3月から東京都営バスとして運行されることになる。 【この記事に関する別の画像を見る】  トヨタFCバスはトヨタが日野自動車と共同で進めていたFCバス開発の経験をもとに開発し、トヨタのFCV(燃料電池車)「ミライ」 …

日照時間日本一の山梨で電気をためる-企業集まり最新技術の梁山泊に

  2016/12/26

富士山など山々に囲まれた山梨県。国内で日照時間が最も長いという地の利を生かして同県などが建設した太陽光発電施設がある。大型の円盤を使った蓄電システムに新型のニッケル水素電池、電気で水から水素を製造する装置などさまざまな技術を持った企業などが集まり、この発電所で発電した電気を使った実証試験を進めている。

2人乗り電気自動車とローカル鉄道の観光実証が始まる

  2016/11/24

岐阜県の中央を縦断する長良川に沿って、のどかな風景の中を1両編成の赤い電車が走っている。1934年(昭和9年)に開通した旧・国鉄の路線が1986年(同61年)に第三セクターの「長良川鉄道」に生まれ変わった。総延長72キロメートルの路線にある38駅のうち、有人駅は6カ所だけだ。 【その他の画像】  そのうちの1つ「関駅」で超小型の電気自動車の貸し出しが11月20日(日)から始まっている。岐阜県が長良 …

久慈波力発電所を公開 18年度まで稼働

  2016/10/25

東京大生産技術研究所(東京)は24日、久慈市の久慈湾玉の脇地区に設置した、国内で初めて波を利用する「久慈波力発電所」(出力43キロワット)を一般公開した。発電装置は既に東北電力の配電線への接続を完了し、今月末以降の国の認可を経て正式運用となる見通し。2018年度まで約2年間稼働させ、耐久性や発電効率を探る。丸山康樹特任教授は「海洋エネルギーの活用は遅れている分野。実用化につなげたい」と力を込めた。 …

久慈波力発電所が完成 国内初、今月末から正式運用

  2016/10/05

久慈市の久慈湾玉の脇地区に、国内で初めて波を利用する「久慈波力発電所」が完成した。波力発電システムの実証実験事業を進める東京大生産技術研究所が発電装置(出力43キロワット)を設置し、東北電力の配電線への接続を完了した。10月末の国の認可を経て、正式運用となる見通し。研究所は「事前のチェックでは装置に問題がない」としており、耐久性や発電効率などを探る。低コスト化などの課題は多いものの、幅広い普及につ …

燃料電池商用車事業化に向けて—住友商事とUSハイブリッドが提携

  2016/08/16

住友商事は、USハイブリッドと、燃料電池商用車分野で戦略的業務提携することで合意した。 [関連写真] 住友商事は、全世界にわたるネットワークを活用し、USハイブリッドの技術力と日系企業との技術力の橋渡しを担当し、燃料電池商用車の量産化を支援する。また、燃料電池商用車の日本市場での普及促進を通して、公共輸送部門を中心とした水素社会インフラの構築に貢献していく。 USハイブリッドは、傘下のUSフューエ …

ハウステンボスCTOが語る「変なホテル」はなぜ「変化するホテル」なのか

  2016/06/20

先週、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された「スマートコミュニティJapan2016」の会場で、「水素で自給自足~ハウステンボス『変なホテル』と東芝の挑戦」と題したシンポジウムが開かれた。  東芝の大田裕之次世代エネルギー事業開発プロジェクトチーム統括部長は、水素で発電するエネルギー供給システム「H2One」の開発経緯および導入事例を解説。同システムが初めて商用導入されたハウステンボス「変な …

パナソニック、豪・電力小売会社とのパートナーシップにより年内に蓄電池の実証実験を開始

  2016/06/16

パナソニックは、2015年6月2日、オーストラリアにおいて、系統電力への負荷軽減効果を目的とした住宅用蓄電池システムの実証実験プロジェクトを発表しました。 パナソニックは、電力需給の安定化が大きな社会課題となっているオーストラリアにおいて、オーストラリアの電力小売会社、ActewAGL(アクチェエイジーエル)社やErgon(アルゴン)社、SnowyHydro(スノウイーハイドロ)社傘下のRED E …

横浜で水素社会の幕開け。トヨタなどが「作って、運んだ、使う」実証

  2016/03/20

横浜市と川崎市の臨海部で2017年、水素社会を実感できそうな実証事業が始める。トヨタ自動車、東芝、岩谷産業などが風力発電と水で水素を作ってためて、運んで燃料電池(FC)フォークリフトで使う“水素サプライチェーン“実際に動かす。実証への参加企業らは、カーボン・フリー(二酸化炭素排出ゼロ)で作った水素を地域で使うエネルギーの地産地消モデルとして全国展開を視野に入れている。  実証事業には3社以外に神奈 …