次世代エネルギーニュース

次世代エネルギーに関するニュースサイト

「 容量 」 一覧

世界最小最軽量クラスを更新太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム「KP55Sシリーズ」4月リリース

  2017/03/17

オムロン株式会社は、主に戸建住宅に向け、世界最小最軽量クラス(※1)と太陽光発電出力アップの両立を実現したハイブリッド蓄電システム KP55S(蓄電池容量:6.5kWh、パワコン容量:5.5kW)を2017年4月より発売開始すると発表しました。 商品名:太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム KP55Sシリーズ 発売時期(予定)※2:2017年4月 (価格はすべてオープン価格)  近年、国内のエネル …

トヨタ、水素で動く燃料電池バスを東京都交通局へ納車。燃料電池の都バスが走る

  2017/02/25

トヨタ自動車は、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車したFCバスは、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定である。  トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定している。今後、市街地を走行するFCバスが増えるにつれて、公共交通手段としてのFCバス …

FDK、寿命15年以上の大容量ニッケル水素蓄電池を開発

  2017/02/16

 FDK株式会社は、拡大する大型二次電池市場向けに、高い安全性と優れた充放電特性をもつ、寿命15年以上の大容量ニッケル水素蓄電池「メガトワイセル®」を開発いたしました。  再生可能エネルギーの発電量増加に対応する電力貯蔵や災害発生時の停電対策を目的として、非常用電源の需要が高まっております。  FDKは、このような需要に対応し、電解液が水溶性のため類焼性が極めて低くて安全性が高く、また、低温から高 …

京セラ、大容量で業界最小の リチウムイオン蓄電池を搭載したハイブリッド型の国内住宅用蓄電システムを開発

  2017/01/19

京セラ株式会社は、国内住宅用蓄電システムの新製品として、大容量12kWhクラスで業界最小※1のリチウムイオン蓄電池と、太陽光発電の電力を充電効率96%※2で効率よく充電できるハイブリッド型のパワーコンディショナを組み合せた、住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムを開発したと発表しました。なお、この蓄電システムは、積水化学工業株式会社が来年1月2日から発売する新築住宅に採用される予定です。 品    …

Mainstreamがチリの986MW、16億5000万米ドル相当の約1GW風力発電プラント建設を受注

  2016/08/26

世界的な風力、太陽光発電企業であるMainstream Renewable Powerは18日、総発電容量986メガワット(MW)の7つの公益事業クラスで16億5000万米ドル相当の風力発電プラントを建設・運営する契約をチリの再生可能エネルギー委員会から受注しました。プロジェクトは20年期間の契約であり、チリ全国に配置され、2021年1月から低コストのクリーン・エネルギーをグリッド供給し始める計画 …

シャープ、住宅用「クラウド蓄電池システム」を発売

  2016/04/06

シャープ株式会社は、同社製のクラウドHEMSと組み合わせることで、電気の使用状況や天候に応じて最適なエネルギーマネジメントができる住宅用「クラウド蓄電池システム」の新製品を発売すると発表しました。リチウムイオン蓄電池は、コンパクトな4.2kWhタイプJH-WB1621と大容量の8.4kWhタイプJH-WB1622の2機種。 JH-WB1621は、従来機から体積比約34%の小型化を実現。横幅を50c …

韓経:韓国、二次電池容量を5倍増やす技術を発見

  2016/03/23

サムスン・成均館(ソンギュングァン)大・漢陽(ハンヤン)大の産学協力で構成された研究陣が既存の二次電池より容量が5倍大きい次世代二次電池の基盤となるリチウム保存反応構造を世界で初めて発見した。 サムスン電子総合技術院素材研究センターのソン・ジョングク専門研究員(博士)、成均館大のキム・ジマン教授(化学科)とユン・ウォンソプ教授(エネルギー科学科)、漢陽大のキム・ハンス教授(エネルギー工学科)による …

電気自動車の充電時間を短縮できる全固体電池、トヨタと東工大が開発

  2016/03/23

トヨタ自動車と東京工業大学が共同で開発を進める全固体電池は従来のリチウムイオン電池のように電子を移動させる電解液を使わずに、すべての構成要素を固体で作る。次世代の電気自動車に向けてNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が2012~2016年度の5年計画で推進する先端技術開発プロジェクトの一環だ。  このプロジェクトでは2020年代に電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド電気自動車(PH …

ポータブル大容量蓄電池「デュオポリマー」発売開始

  2016/03/22

株式会社イースタジアグループはポータブル大容量蓄電池「デュオポリマー」の発売を開始しました。 「デュオポリマー」はリチウムイオンポリマー電池を搭載したポータブル大容量蓄電池で、AC電源だけでなく、太陽光パネルからも充電ができ、AC出力、DC出力が可能です。 災害時・停電時の非常用電源として、工事現場での電動工具用電源として、イベント、各種行事などの現場電源として、他にもレジャー用の照明や調理器具な …

九州電力、豊前蓄電池変電所の運用開始

  2016/03/14

九州電力は、世界最大級の大容量蓄電システムを備えた豊前蓄電池変電所の新設工事を進め、3月3日に運用を開始いたしましたと発表しました。 同社は、電力の安定供給を前提に、再生可能エネルギーを最大限受け入れるよう取り組んでおり、その一つとして、平成27年4月22日に国の「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」を受託しました。 今後は、実際に太陽光発電の出力に応じて蓄電池の充放電を行い、需給バランス …