次世代エネルギーニュース

次世代エネルギーに関するニュースサイト

「 日本 」 一覧

プリウスPHVの充電容量2倍に これでPHVは浸透するのか?

  2017/03/04

トヨタのプリウスPHVがフルモデルチェンジし、EVモードでの走行距離を68.2kmに拡大したほか、充電した電気が切れても、37.2km/Lの低燃費ハイブリッド車として走行ができる。また量産車としては世界初、ソーラーパネルで充電できる仕組みも取り入れている。 ■初代は販売不振だったプリウスPHV プリウスPHVのPHVとは、プラグインハイブリッドの略で、スタンダードなプリウスとは違って、充電をして走 …

動き出した水素社会。鳥取で全国初の水素エネルギー一体型プロジェクト始まる

  2017/02/04

近年、石油に代わる次世代エネルギーとして水素に期待が集まっている。水素がこれほどまでに注目されている大きな理由は、ただ単に化石燃料よりもクリーンなエネルギーであるということだけではない。  クリーンなエネルギーとして大規模に太陽光発電を並べたメガソーラーや、風力発電を並べたウィンドファームなどが知られているが、日射や風の状況次第で発電量が影響を受けるこれらの発電だけでは、必要な時に必要なだけ電力を …

ハンファQセルズ、単結晶Q.ANTUMセル搭載の高性能ラインナップ

  2017/01/26

ハンファQセルズジャパン株式会社は、住宅用太陽電池モジュールの主力製品として高効率・高出力の「Q.PEAK-G4.1」と「Q.PEAK S-G4.1」を2月より発売開始します。また景観対応のオールブラック版「Q.PEAK BLK-G4.1」(受注生産)もあわせた3機種を住宅分野の新製品として投入し高性能な製品ラインナップを拡充すると発表しました。 「Q.PEAK-G4.1シリーズ」は、Qセルズ独自 …

海底メタン、上越沖に埋蔵=日本海に天然ガス10年分? ―エネ庁

  2016/09/16

資源エネルギー庁は16日、次世代エネルギー資源として注目されている「メタンハイドレート」の埋蔵量について試算結果を発表した。  主に日本海側に分布する「表層型」では初の試算。新潟県上越市沖でサンプル調査した地点ではメタンガス換算で約6億立方メートル前後の埋蔵量が見込まれることが分かった。  メタンハイドレートには天然ガスの主成分であるメタンが含まれている。同庁によると、約6億立方メートルの埋蔵量は …

燃料電池商用車事業化に向けて—住友商事とUSハイブリッドが提携

  2016/08/16

住友商事は、USハイブリッドと、燃料電池商用車分野で戦略的業務提携することで合意した。 [関連写真] 住友商事は、全世界にわたるネットワークを活用し、USハイブリッドの技術力と日系企業との技術力の橋渡しを担当し、燃料電池商用車の量産化を支援する。また、燃料電池商用車の日本市場での普及促進を通して、公共輸送部門を中心とした水素社会インフラの構築に貢献していく。 USハイブリッドは、傘下のUSフューエ …

日本ソーラーサービシズと大和ハウス工業が、東北における30MWプロジェクトでEPC契約を締結

  2016/06/17

大規模太陽光発電所のデベロッパー、資産管理会社および運営会社である日本ソーラーサービシズ合同会社(NSS)は、東北の岩手県における30MW太陽光発電所の建設、系統連系、試運転に関連した設計・調達・建設(EPC)について、大和ハウス工業株式会社とEPC契約を締結しました。 プロジェクトは、本計画に必要な許認可や資金面での段取りが整い次第、年内着工予定。また、同発電所では、ハンファ製の太陽光パネルとフ …

【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  2016/05/30

トヨタ自動車は、6月15日から17日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される次世代エネルギー総合展「スマートコミュニティジャパン 2016」に出展する。 今回の出展では、燃料多様化への対応など、低炭素社会の実現に向けた取り組みの一環として、3月のニューヨークモーターショーで初出展した新型『プリウスPHV』の日本仕様(2016年秋、販売開始予定)を初公開する。展示車両は、先進装備として車両のルーフ …

住友商事、米国北東部で東芝製大型蓄電池による電力需給調整事業に参画

  2016/04/19

住友商事株式会社および米州住友商事会社は、子会社のPerennial Power Holdingsを通じ、再生可能エネルギーデベロッパー兼建設業者であるRESグループの米国法人Renewable Energy Systems Americas よりWilley Battery Utility, LLC(以下、「WBU社」)の株式を取得したと発表しました。 今後、WBU社にて東芝製蓄電池システム(最 …

エコめがね、新電力向けの新プラットフォームを開発

  2016/03/25

NTTスマイルエナジーは、家庭向けに提供してきた太陽光発電遠隔モニタリングサービス“エコめがね”の新電力向け新プラットフォームを開発するとともに、日本エコシステムが提供する、国内初となるお客様の屋根を利用した太陽光発電主軸の電力小売サービス「じぶん電力」 に採用されたことを発表しました。 NTTスマイルエナジーは、再生可能エネルギーの普及に貢献するため、住宅及び50kW未満の低圧全量買取設備向けに …

ジュニア・サミット日本代表4人、スキルアップへ事前研修 三重

  2016/03/19

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の関連行事として、桑名市で開かれる「2016ジュニア・サミットin三重-次世代につなぐ地球~環境と持続可能な社会」(4月22~28日)に日本代表として参加する県内在住の高校生4人が、事前研修でスキルアップを図っている。4月上旬まで大学教授や関係者の講義などを受け、環境問題に対する知識を深めるとともに、英語で議論する能力の向上を目指す。  ジュニア・サミットはG7参 …