次世代エネルギーニュース

次世代エネルギーに関するニュースサイト

「 発電 」 一覧

世界最小最軽量クラスを更新太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム「KP55Sシリーズ」4月リリース

  2017/03/17

オムロン株式会社は、主に戸建住宅に向け、世界最小最軽量クラス(※1)と太陽光発電出力アップの両立を実現したハイブリッド蓄電システム KP55S(蓄電池容量:6.5kWh、パワコン容量:5.5kW)を2017年4月より発売開始すると発表しました。 商品名:太陽光発電用ハイブリッド蓄電システム KP55Sシリーズ 発売時期(予定)※2:2017年4月 (価格はすべてオープン価格)  近年、国内のエネル …

<核融合発電>重水素実験始まる 市民グループ抗議 岐阜

  2017/03/07

岐阜県土岐市の核融合発電の実験施設「核融合科学研究所」(核融研)で7日、核融合に必要な高温のプラズマを生成するための重水素実験が始まった。実験期間は9年間。実験では放射性物質のトリチウムと中性子線(放射線)が発生するため、環境汚染や健康被害を懸念する市民グループは同日、核融研の施設前で抗議活動を行った。  大学共同利用機関法人自然科学研究機構の核融研は、次世代エネルギーとされ、太陽がエネルギーを生 …

パナソニック、「住宅用」太陽電池モジュールHIT(R)「P247 α Plus/P252 α Plus」を発売

  2017/02/23

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、業界トップクラス(※1)の発電量の住宅用太陽電池モジュール HIT(R) P247 α Plus/P252 α Plusの受注を2017年4月19日より開始すると発表しました。 国内の住宅用太陽光発電システムの市場は、2016年4月の電力小売全面自由化、エネルギーの自給自足ニーズの高まり、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及推進などを背景 …

太陽光業界初・太陽光発電メンテナンス事業者用O&M総合補償制度「メンテナンスPLUS」提供開始

  2017/02/17

株式会社イワッテクと日本リビング保証(株)は業務提携を行い、O&M業者向けのメンテナンスサポートと総合補償を一つにした「メンテナンスPLUS」のサービスをすると発表しました。 【サービスの概要】 太陽光発電システムに不具合が発生した場合、O&M事業者様にとって、その原因を明確にする際に、「製品起因」「施工起因」「メンテナンス業務瑕疵」等の責任境界の判定や説明に係る業務負担は相当に大きく、その修補の …

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始~ドローンと最新技術を組み合わせ、メガソーラー開発・保守点検の一連をサポート~

  2017/02/14

国内外でドローン(UAV)測量、管制システム事業を展開するテラドローン株式会社は、2017年2月14日、太陽光発電関連事業者様向けサービスを開始すると発表しました。太陽光発電所のEPC(設計・調達・建設)業務向けに、レーザー搭載UAVを用いた森林測量サービス、O&M(運転管理・保守運用)業務向けに、赤外線カメラ搭載UAVを用いた点検サービスを提供します。ドローンと最新技術の組み合わせにより …

デンマーク、ソリッドウィンドパワー社小型風力発電機 SWP-19.8kW を WIND EXPO 2017で日本初公開

  2017/02/13

CPOWERグリーンエナジー株式会社は、デンマークSolid wind power a/sの輸入代理店契約を締結し、3月1日より販売を開始と発表しました。WIND EXPO 2017においてナセル本体、油圧システムなどを公開展示いたします。 デンマークは総発電量の約40%*が風力発電となる風車先進国です。ソリッドウィンドパワー社は世界トップレベルの大型風車メーカーのエンジニア達が結集して設立された …

京セラ、AI対応で住宅の効率的なエネルギー利用を支援するHEMS「NAVIfitz(ナビフィッツ)」発売

  2017/02/10

京セラ株式会社は、住宅の効率的なエネルギー利用を支援するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の新製品「NAVIfitz(ナビフィッツ)」を開発し、発売開始しました。希望小売価格は、NAVIfitz(ナビフィッツ)85,000円(税別)、NAVIfitz(ナビフィッツ)モニタ43,000円(税別)です。 ナビフィッツには、2017年夏以降、新たにAI(人工知能)を活用した「おまかせ …

動き出した水素社会。鳥取で全国初の水素エネルギー一体型プロジェクト始まる

  2017/02/04

近年、石油に代わる次世代エネルギーとして水素に期待が集まっている。水素がこれほどまでに注目されている大きな理由は、ただ単に化石燃料よりもクリーンなエネルギーであるということだけではない。  クリーンなエネルギーとして大規模に太陽光発電を並べたメガソーラーや、風力発電を並べたウィンドファームなどが知られているが、日射や風の状況次第で発電量が影響を受けるこれらの発電だけでは、必要な時に必要なだけ電力を …

三井物産 米の太陽光開発会社を買収

  2017/02/02

三井物産は2日、米国の太陽光発電の開発・運営を手掛けるサンエジソンの産業向け事業部門を買収し、新たに設立した新会社に統合したと発表した。買収金額は10億~20億円とみられる。  新会社は「フォアフロント・パワー」(米カリフォルニア州)。米国企業の環境対応戦略の強化や緊急時対応で自社ビルや工場屋上に太陽光発電を設置する事例が増加している。買収した同部門は約80万キロワットの太陽光発電の開発実績がある …

ラプラス・システム、太陽光発電シミュレーションソフトを半額に新機能も

  2017/02/02

科学技術系ソフトウェア開発のラプラス・システムは、同社の太陽光発電システムシミュレーションソフトウェア「Solar Pro」を約50%値下げしました。また同製品の価格改定に合わせて、このところ需要が拡大しているソーラーシェアリングに対応するとともに、より簡単に設計・シミュレーションを行える機能を追加した新バージョンをリリースし、さらなるユーザーの拡大を目指しますと発表しました。  Solar Pr …